「すきま」の時間 | 東進ハイスクール 市ヶ谷校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2021年 10月 9日 「すきま」の時間

 


 

 

こんにちは!東京大学理科一類2年の佐々木です。
今回は、私の元気飯を紹介したいと思います。

正確には、元気飯というよりは自分へのごほうび、
それをモチベーションに勉強していた
食べ物を紹介したいと思います。

それは、、、スタバの新作です!
(今は焼き芋ですね!)

当時の私は今のようにアルバイトもできず
親からもお小遣いをもらっていなかったので、
自分のために使えるお金が
一銭もありませんでした。

ただ、冠模試(大学の名前を冠した模試)を
受けた後だけはスタバの新作を飲むために
親からお小遣いをもらっていました。
(それだけはお母さんも許してくれました)

1日で全科目の模試を解くという
辛い日もありましたが、
おわったらスタバの新作を飲める!と
ウキウキして最後の科目である理科を乗り越えました。

11月の冠模試が重要と言われていたのですが、
私はチョコが好きで
ハロウィーンの時期の新作が大好きだったので、
その時期は特に頑張ることができました。

これからの時期は学校もあるし
模試もこれまで以上に詰まっていて、
勉強時間を自分で作らなければいけないですが、
だからこそ何にもせず何にも考えない
「すきま」の時間
を作ることが大切だと思います。
その時間は自分を俯瞰するきっかけになり、
やることを整理できるようになるはずです。

私の場合はスタバの新作を飲むことが
「すきま」の時間
でした。

皆さんの「すきま」の時間はなんですか?
忙しい今の時期だからこそ、
何も考えない空っぽの時間を作ってみましょう!