☆オープンキャンパスのすすめ☆坂上編 | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2015年 8月 9日 ☆オープンキャンパスのすすめ☆坂上編

資料請求体験授業

入学案内個別面談

こんにちは!

 

 

担任助手の坂上雄介です。

 

 

久しぶりのブログですね。

 

 

 

今日は、オープンキャンパスのすすめ、というテーマでお送りしようと思います。

 

 

この時期は、多くの大学がオープンキャンパスを開催しており、そこには多くの人が集まります。

 

 

 

ではなぜ、大学はわざわざキャンパスを一般の人に開放して、見学させてくれるのでしょうか?

 

 

普通に考えれば、この大学に入りたい、という人を増やして、一人でも多くの優秀な生徒を獲得したいからではないでしょうか?

 

 

 

ですから、各大学は、オープンキャンパスで、それぞれのアピールポイントを前面に押し出して、皆さんに発信してくれると思います。

 

 

 

なので、色んな大学のオープンキャンパスに行くことで、各大学を客観的に比較することが出来ます。

 

 

その点で、まだ志望校を決めかねている人、迷っている人にはオープンキャンパスへ行くことを強くおすすめします。

 

 

 

また、大学の構内に入ってみると、その大学の雰囲気のようなものが良く分かります。

 

 

雰囲気を見るという点では、オープンキャンパスよりは授業期間中の方が分かりやすい、とも言えますが

 

 

普段はおおっぴらに構内に入れない大学もあります。

 

 

そうであるならば、せっかく大学側が用意してくれた機会をモノにしない手はありません。

 

 

僕は、高1のとき、京都大学のオープンキャンパスへ、

 

 

高2のとき、一橋大学のオープンキャンパスへ行きましたが、それぞれの大学の個性がありありと出ていて、

 

 

非常に刺激になりましたし、大学ってこんなところなんだな、というイメージも出来ました。

 

 

第一志望だった東京大学のオープンキャンパスは、ついぞ行けませんでしたが、

 

 

入試直前に下見に行ったところ、やっぱりこの大学に行きたい!と、心から思えました。

 

 

 

受験勉強をするうえで、志望校に対する強い憧れは、受験直前期こそ大きな意味を持ってきます。

 

 

そして、そういう人は最後まで絶対頑張れるし、大学に入ってからもきっと、頑張り続けられるのだと思います。

 

 

入学してみてから、ああやっぱりこの大学は自分とは合わなかった。

 

 

と後悔するのだけは、ナシにしてほしいと思っているので、

 

 

僕はオープンキャンパスに積極的にいくことを強くおすすめします。

 

 

 

楽しい大学生活をイメージしながら、前向きに残りの受験生活を頑張って行きましょう!

 

坂上

 

 

 

 

 

 

 

資料請求体験授業

入学案内個別面談