第一志望をあきらめないために☆小島☆ | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2018年 2月 11日 第一志望をあきらめないために☆小島☆

こんにちは!

高校三年生は受験本番、高校1,2年生にとっては期末試験前と、

2月は皆さんにとって大事な時期ですね。風邪をひいてる暇なんてありません。

よく寝てよく食べて気持ちを強く持てばインフルエンザなんてかかりません。気合い入れましょう。

 

さて、今日私がお話ししたいのは、志望校をあきらめないために今皆さんができることについて、です。

まず低学年の皆さんにむけて。

最近よく耳にします。

 

志望校に成績が全然届かないから、志望校変えようかなって思ってます…

 

いやいや!

決めつけるの早すぎでしょ!

 

わたしなんて高校二年生12月の模試で英語・国語ともに90点以下という点数をたたきだし、

担任の先生からはセンター試験本番もうけなくていいよと見捨てられたりもしてました。

そこからどうして第一志望の早稲田大学国際教養学部合格までたどり着けたかというと、

今思えばいくつか勝因があったなと思います。

 

①成績をあげる道筋を自分で考え、しっかりと実践していった

 

自分で、というのが大事ですね。

今まで勉強なんて定期試験1週間前しかしてこなかったので、最初は自分で考えることが難しかったです。

だからまずいろんな人にききまくりました!

学校の先生、東進の先生、親、手当たり次第に聞いて、なんでそんなことも知らないんだと怒られながらも質問しまくりました。

たくさんの情報の中から自分に合った勉強法を考えられたことはすごく大きな勝因だったかなと思います。

 

②あきらめそうになったら在学生のブログをみてた

 

モチベーション上がります。

大学に通うことが楽しみすぎて、わくわしながら勉強することができました。

 

③周りのみんなに志望校をいいふらしてた

 

元々、自分の成績をほかの人に言ったりするような性格じゃなかったんですけど、

自分だけじゃ意識を変えられないと思ったので、聞かれたら教えていました。

当時はプライドが高かったので、あー落ちたんだと思われたくないという一心で頑張りきれました。

 

こんな感じですかね。

気持ちを引っ張ることが大事です。

 

今まさに本番を迎えている受験生へ。

 

まだ第一志望を終えた人は少ないと思います。

まだ落ちてないです。希望は全然あります。

絶対受かると思って受験する人なんていません。

今まで頑張ってきたことを無駄にしないために直前出来ることを考えてください。

受験本番は、春からこの学校に通うのか、よろしく!ぐらいの気持ちで受けてください。

皆さんに足りないのは自信だけです。

あがけばあがくだけ自信も湧いてきますからね。

 

あの時諦めなければよかったと皆さんには絶対に思ってほしくないです。一生後悔してしまいますよ。

応援しています!

 

小島

 

資料請求

体験授業

個別相談

入学申込み