センター試験激励☆竹中編 | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2018年 1月 6日 センター試験激励☆竹中編

こんにちは。

東進市ヶ谷校の竹中紫乃です。

 

年が明けましたね!!あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

さあ、今日(1月6日)で、センター試験まで6日です。

はあやい。

 

そんななか、私からも激励メッセージを送ろうと思います。

 

私の受験はかれこれ3年前ですが。(結構前ですね)

センター試験当日は、超自分出来るモードで行った気がします。

どうゆうこと?

ってなりますよね(笑)

こうゆうことです。

この試験会場の中で、自分が一番頭いいんだぞっていう雰囲気でいるってことです。

センター試験の会場にはいろんな人がいます。休み時間に超おおごえでしゃべってる人、友達と同じ椅子に座ってお昼ご飯を食べている人。

こんな感じの雰囲気です。

その中でも、いつもの自分も変えずに、休みの時間もずーーっと勉強してました。

 

 

 

皆はこの一年間。それ以上頑張ったと思います。思うんじゃなくて、頑張ったんです。言い切れます。

そのことに自信を持って。

自信って、≪自分を信じる≫って書くんです

だからこそ、自分を信じてあげないと。

まだ不安でも、あと6日で出来ることもたくさんあります。

 

そして、じぶんのことを応援してくれている人は、本当にたくさんいます。

お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃん、兄弟、近所の人、

学校の先生、友達、東進の先生、もーーーっともっといます。

でもでも、その人たちへのありがたさなんて、終わってみないとわかんないものです。

私も、早稲田教育の発表を聞いてからやっと気づきました。遅いですよね(笑)

自分よりも、お母さんのが喜んでくれて。ほんっとにうるさいくらい喜んでくれて(笑)

そしてそして東進の担任の先生は松尾先生だったんですけど、受かったことを内緒にして電話せずに、お昼過ぎに校舎に行って直接伝えたんですが、

喜んでくれました。(本人いわく、抱きつく寸前だったらしいです笑こわいこわい)

 

こーんなにも自分を応援してくれている人がいるんです。

市ヶ谷校のスタッフはみんなのことを本当に本当にほーーんとに応援しています。

自分のためって考えるとつらいものも、誰かのために!と考えるとちょっとは気が楽になるし、方の力を抜いて頑張れるものです。

 

いっちばん最初の試験、センター試験。

後悔しないぐらい頑張れていれば、あとは、マークするだけです。

やり切ったと思える人は大丈夫なもんです。

 

最後の最後までやり切るのが 大事です。

もうこれだけやったんだ、結果はどうだっていい。

そんな風に思えた人は、合格してるもんです。

 

これは、私が生徒の時に、校舎長の書いたブログに載っていた言葉です。

糧になった言葉だったので、みなさんにも!

 

 

 

何かあったらいつでも言って下さいね(^○^)

 

今日のブログは以上です!

明日もお楽しみに!☆

竹中

資料請求

体験授業

個別相談

入学申込み