センター演習の進め方☆黒島編☆ | 東進ハイスクール市ヶ谷校|東京都

ブログ

2017年 8月 5日 センター演習の進め方☆黒島編☆

 

こんにちは。黒島です。私事ですが、本日で大学でのテストが終了します!やった!しかし、まだ学期末課題の提出があるので、夏休みまだ先になりそうですね。生徒の皆さん、これが大学生です…(笑)でもでも、その分夏休みが9月下旬まであったりします。長期休暇を利用して様々なことにチャレンジしてみたいと思います!

 

さて、本題に入ります。本日は「センター演習の進め方」です。

 

の前に!多くの人はセンター演習の夏。まず、私には反省があります。それは、「センター演習開始の時期が遅かった」。早期にてをつけることで、演習の時間が取れます。もう8月ですからまだ受講が終わらず、本格的にセンター演習が始められていない人は急いで受講進めてセンター演習に入りましょう!特に数学や英語など時間勝負の科目は演習量に左右されます。それを痛感しました。

 

さて、僕がやっていた演習の進め方を紹介します。まずは、8月27日センター試験本番レベルで目標点を突破するために。まずは本試10年分を解く計画を立てます。その日までに10年分が終わるように、本番のように科目を2日分に分け、1週間に2年分の本試を解きました。

 

そして、そのほかの時間で大問別分野別演習をやっていました。なので、週2回のセンター本試の過去問を普段の模試のように見立て、腕試しのような感覚でやっていました。

 

そしてそして、もっと大事なのが結果と問題の分析です。毎回本試を解いたあと、感想や気づいたこと苦手なところ抜けていた知識や解法などをノートにメモして、センター演習日記のようにしていました。その後で、間違えた問題はその場で解き直す!

 

以上、簡潔ではありますが、僕のやっていたセンター演習の進め方です。天王山といわれる夏休みはあっという間に過ぎてしまいます。センター演習をがんがんやり、有意義に過ごしましょう。

 

また明日のブログもお楽しみ!

 

 

 

 

 

資料請求

体験授業

個別面談

"入学申込み